ワサビづくりの準備

年の瀬もおしせまる頃、ワサビ農家ではいよいよワサビ作りが本格的にはじまります。冬の間出荷するワサビを育てるためのビニールハウスの準備です。

ビニールハウスでは春先の出荷終了後から夏の間、野菜などを育てていました。

まずは、それら夏野菜たちの殻などを片付け、雑草もすべてとってさら地にします。夏の間野菜がたわわになっていたハウスの中がすっかり空っぽになると、「さあ、ワサビだぞ!」と気分が切り替わります。

次は、ワサビがすくすく育つように土作りです。きれいに耕し、石灰、肥料や堆肥を混ぜ込み、ふかふかの土にします。

それから忘れてはならないのが、ハウスの中にもう一枚ビニールをかけること。霜対策のためのこのビニール、これがないと北国での冬場のワサビ栽培は成り立たない・・・。こうして、とりあえずいつでもワサビを植えられる準備がととのいました。


まずはハウス内の片付け
-------------------

さら地になりました
-------------------

丁寧に耕します
-------------------

肥料まき
-------------------

石灰まき
-------------------

防霜用のビニールかけ
-------------------

準備完了
後はワサビを植えるだけ
-------------------