ワサビの植えかえ

ハウスもののわさびも旬を過ぎ、出荷はひとまず終わりです。

出荷が終わると今度はハウスの片付けがまっています。というのも、冬の間わさびを育てていたハウスは、夏の間は自家用の野菜を育てるのに使うからです。

出荷せずに残ったわさびは全て根ごとスコップで掘り起こします。掘り起こしたわさびは、根が乾燥しないうちにすばやく運搬車につんで山へ運びます。全て山に植えかえるのです。一株一株丁寧に、植えていきます。急な斜面での作業なので、かなり疲れます。

植えかえた後は、そのまま。自然にまかせて、わさびが根付き、後々に大きく成長するのを見守るばかりです。

一方、わさびをすっかり抜き取ってからになったハウスは、余分なビニールや遮光幕などを取りのぞき、堆肥をいれてトラクターで一気に土を起こして、野菜の栽培に備えておきます。

この一連の作業で約3日。わさびの最後をしめくるくにふさわしい、短期集中、ハードな三日間でした。


ワサビをスコップで
掘り起こします
-------------------

掘り起こしたワサビ
-------------------

運搬車で山へ
-------------------

山で一株一株
丁寧に植えつけます
-------------------

ワサビを植えた所だけ緑に
-------------------