田植え

 育苗機の中で種もみが生長すること約一週間。長さ3センチほどに伸びた苗を育苗機からだしてハウスの中へ。さらにここで苗を育て、10日ほどすると長さ10センチほどに成長。いよいよ田植えの時期となりました。

 田植えの前にはいろいろと準備があります。まずは冬の間水を抜いていた田んぼに水を引きます。一日もたつと干からびていた田んぼはすっかり「水田」に。

 水がたまったら肥料をまき、耕運機で肥料を土になじませ、さらにシロ掻きで田んぼの土をならします。そうそう、水を入れる前に田んぼのまわり(クロ)の草刈りもすませておきます。

 2日ほどかけてこれらの準備を終わらせるといよいよ田植え(今年は6月20日)。我が家では四条植えの手押しの田植え機を二台駆使しての田植えになります。5枚の田んぼの田植えにかかる時間は半日強。これはかなりのスピードです。さらに田植え機で植えられなかった隅のほうは手差しで植えます。

 一とおり田植えがおわったら田んぼのまわりにぐるっとビニールを張り、クロの完成。ビニール張りにも専用の道具があって、便利で驚きです。

 あとは水の管理をしながらひたすら収穫をまつばかり。といっても、気候に左右されるコメの成長。昨年は大不作。今年の天候はどうなることやら・・・


種蒔きから一週間
-------------------

ハウスの中で苗を育てます
-------------------

種蒔きから三週間
いよいよ田植え
-------------------

田んぼに水をひく
-------------------

肥料撒き
-------------------

耕 耘
-------------------

シロカキ
-------------------

やっと田植え!
-------------------

隅は手ざしで
-------------------

クロのビニールはり
-------------------

カエルの卵発見
-------------------

カタツムリも発見
-------------------